ZENZO 取引所

Social Sendの登録方法

忙しくて放置していたZENZOのマスターノードですが
V2.0.0がリリースされたこともあり再度マスターノードを建てようと決意しました。

今回はVPSではなくSocial Sendというサイトに登録しましたので
まずはSocial Sendの登録方法を紹介します。

Social Sendとは?

SEND coinを使っている取引所(交換所)のようなイメージです。
ChangellyやExchangeもあります。
しかし普通の取引所と大きく違う点があります。

socialsend

Social Sendマスターノードを作るためのサーバーとしても使えます。

しかもサーバー代金はZENZOと提携しているのでZNZ支払いが可能です!!

 

Social Sendの登録方法

それでは早速登録を始めます。

↑からサイトを開くと、右上にある[Register]をクリックします。

 

 

進むと定番の情報を入力する画面が出ます。

FIRST NAME :(名前)
LAST NAME:(苗字)
USERNAME:(ユーザー名)
EMAIL ADDRESS:(Eメールアドレス)
PASSWORD:(パスワード)
CONFIRM PASSWORD:(パスワードを再入力)

すべて入力してから✅を入れてから[REGISTER]をクリックします。

パスワードには少なくとも2つの特殊文字が含まれている必要があります。
と怒られましたw

ユーザー名は最低6文字でなければなりません
とまた怒られましたw

まぁ基本的な事ですが、ハッキング対策には長くて複雑な文字列が有効なので
このあたりのチェックが厳しい方が安心できますね。

 

登録が無事にできました。

確認のメールが届くので、このリンクをクリックして開きます。

 

アクティベーションに成功しました。

 

それではサインインします。

IDはEメール、ユーザーネーム、電話番号のどれかを入力すればOKです。
(電話番号はまだ登録していません)
右上の赤く塗りつぶした場所に、名前が表示されていれば正常にログインできています。

お疲れ様でした。
これでSocial Sendが使えるようになりました。

 

Social Sendへ送金

ウォレット内に何も入っていないと何も出来ません。
まずはSocial Sendへ送金をするためのアドレスを表示します。

左側の「WALLET」をクリックするとSocial Send内で扱っているコインの一覧が表示されます。
右上の「SEARCH」に希望するコイン名を入力すると絞れます。

 

私の場合は「znz」と検索したので ZENZOだけが表示されました。
右側の「Manage」をクリックすると

 

Social Send内のZENZO ウォレットを表示できます。
ZENZO Coreウォレットからこのアドレスに送金すればSocial Sendで使う事が出来ます。
他のコインも同様にアドレスを表示できます。

 

 

今回はここまでです。
次回はを使ったZENZOのマスターノードについて書く予定です。

      ↓ ↓ ↓ ↓

Social SendでZENZOのマスターノードを作る!

 

 

 

マスターノードを建てる前には必ずCoreウォレットを最新版に更新が必要です。
まだ更新していない方は↓をご参照ください。

      ↓ ↓ ↓ ↓

ZENZO Core v2.0.0 がリリースされました!【v,2.0.1対応】

 

Gearbest APP

  • この記事を書いた人

いわ

弱小マイナー│家の頭金はFXで作った投機家│仮想通貨,株,FX│RaspberryPi,スマホ,ガジェット,レトロゲーム,ABARTHも好き│ALIS:http://alis.to/users/iwa │旧Blog:http://btclove.hatenablog.com/

おすすめ記事

-ZENZO, 取引所
-, , , , ,

Translate »

Copyright© 暗号資産の楽しみ方 , 2020 All Rights Reserved.