BitZeny RaspberryPi

RaspberryPi(ラズベリーパイ)にBitZeny(ZNY)/USDTの価格表示を追加!

投稿日:

RaspberryPi LCD

今日は皆さん大好きなRaspberryPiネタです。

既に過去の記事でLCDを付けて仮想通貨の価格表示をしていますが

今回はUSDTを追加してみました。

毎度お馴染みのニーズの無いネタですw

ZNY/BTCとZNY/USDTを表示< 完成品 >

画面表示はこんな感じです。

RaspberryPi LCD 表示 液晶

動画はTwitterに投稿しましたので見て下さい

 

用意するモノ

基本的なセットアップ

下記の記事を参照お願いします

RaspberryPiに3.5インチLCDをつけてBitZenyの価格表示する方法

みんな大好きなプログラム

ラズビアンにはPython3が入っているのでpython3

使って適当に書きました。

基本的にはwindowsでも同じですが

文字コードの扱いが違ったりするみたいです。

 

以下が今回のプログラムになりますが

やる気の感じられないプログラムです。

素人の遊びプログラムなので優しく見守って下さい。

あとrequestsはpipして下さい。

 

画面サイズなどもあるため

今回はZENZO部分は#でコメントにしていますが

ZNYをZNZに変えるだけで使えます。

 

 

# -*- coding: utf-8 -*-

#ライブラリ
from datetime import datetime
import requests
import time

#indexの初期値宣言  index = 1
#指定回数(5回)以上になったらループ停止
index = 0
while index < 5:

#時刻データ取得
timeS = datetime.now().strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S")

#板情報取得
# response = requests.get("https://api.crypto-bridge.org/api/v1/ticker/ZNZ_BTC")
# db = response.json()

response2 = requests.get("https://api.crypto-bridge.org/api/v1/ticker/ZNY_BTC")
db2 = response2.json()

# response = requests.get("https://api.crypto-bridge.org/api/v1/ticker/ZNZ_USDT")
# db3 = response.json()

response2 = requests.get("https://api.crypto-bridge.org/api/v1/ticker/ZNY_USDT")
db4 = response2.json()

#jsonから変数に抜き出し
# AskPrice=db['ask']
# BidPrice=db['bid']

AskPrice2=db2['ask']
BidPrice2=db2['bid']

# AskPrice3=db3['ask']
# BidPrice3=db3['bid']

AskPrice4=db4['ask']
BidPrice4=db4['bid']

#画面表示
print("CryptoBridge")
print(timeS)
# print("売り値 for ZENZO/BTC")
# print(AskPrice)
# print("買い値 for ZENZO/BTC")
# print(BidPrice)
# print("")
print("売り値 for BitZeny/BTC")
print(AskPrice2)
print("買い値 for BitZeny/BTC")
print(BidPrice2)
print("")
print("売り値 for BitZeny/USDT")
print(AskPrice4)
print("買い値 for BitZeny/USDT")
print(BidPrice4)
print("")
print("") 

#10秒間停止
time.sleep(10)

#指定回数で停止するなら  index += 1
#指定回数で停止しないなら index = 1
index = 1

 

解説

ベースとなる部分は以前の記事を参照下さい。

今回の改造点は

response2 = requests.get("https://api.crypto-bridge.org/api/v1/ticker/ZNY_BTC

の最後に書いてある

ZNY_BTC 

 を

ZNY_USDT

に変えているだけです。

 

前半のZNYをZNZに変えればZENZOなど

他の通貨も読みだせます。

 

CryptoPiaが復活したら

今は表示のみの暫定復活のCryptoPiaですが

完全復活したらNEMALISでもやってみます。

 

そしてNemLogやALISへ投稿して

ラズパイ沼の布教をしてみようかと…。(そんなニーズは無い!)

 

誰か仮想通貨界隈の裏で暗躍するラズパイ一派を結成しましょ~w

 

Gearbest APP

おすすめ記事

-BitZeny, RaspberryPi
-, , , , , ,

Translate »

Copyright© 暗号資産の楽しみ方 , 2019 All Rights Reserved.