BitZeny Koto RaspberryPi

Raspberry Pi4のベンチマークを計測してみた。

unixbench

RaspberryPi4が届いたので早速セットアップしてベンチマークの計測を行います。

OSは定番のRaspbian(ラズビアン)のGUIを使い

UnixBenchと仮想通貨(BitZeny、Koto)のマイニングにて実験してみます。

 

なお現段階で技適が取れていないため
一般的な企業にはある電波暗室を貸し切って実験を行いました。
(こんなときだけ)会社に感謝です!!

 

まずはWindows10のPCからRaspberryPi4のセットアップを行います。

Raspberry Pi4のセットアップ (準備)

用意するモノ(ハードウェア)

Raspberry Pi4本体

minroSDカード

HDMIケーブル、( minroHDMI変換コネクタ )

USB Type-C電源

キーボード、マウス、ディスプレイ

ヒートシンク、ファン

 

RaspberryPi4になりハード面での注意点としては

・電源がType-Cに変更になっている

・HDMIがMicroに変更になっている

発熱量がハンパなく増加している

この3点は注意して下さい。

 

私は電源はスマホ用を使用、microHDMIは変換コネクタを使用しています。

まだケースやファンを専用品を買っていないため暫定で3B+用を使いましたが微妙です。。。(後述)

 

RaspberryPi 3B+ をはじめるのに必要なモノのまとめ

 

ハードウェアが用意できたら次はソフトウェアです。

用意するモノ(ソフトウェア)

・Raspbian(ラズビアン)のISO (コチラからDLできます)

・SDフォーマッタ (コチラからDLできます)

・Win32 Disk Imager (コチラからDLできます)

 

Raspbian(ラズビアン)のISOは本来ならラズパイ公式サイト(コチラ)からダウンロードするのでしょうが

非常に遅いため、私は昔からミラーサーバーを公開して頂いている

北陸先端科学技術大学院大学さんのサーバーからダウンロードしています。(感謝!!)

 

セットアップの手順ですが、簡単に説明すると

minroSDカードをSDフォーマッタでフォーマットします。

Win32 Disk imagerでRaspbian(ラズビアン)のISOをminroSDカードに書き込みます。

 

あとは普通に起動して、初期画面で日本(Japan)を選択すればOKです。

(現状、技適が取れていないためWi-Fi設定はしていません。この部屋では電波拾えないし…)

 

有線LANに接続して、インターネットにつながっているかを

ブラウザで確認しておきましょう。

 

インターネットに繋がるようでしたら、最初にパッケージの更新をします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get dist-upgrade

以上で、準備は完了です。

お疲れさまでした。

 

UnixBenchでベンチマークスコアを検証

unixbench RaspberryPi

さてお次は定番のUnixBenchを使ってベンチマークスコアを検証します。

unixbenchはapt-getでインストールは出来ないため

githubからダウンロードする必要があります。

 

UnixBenchのインストール方法

ビルドとgitをインストールします。

$ sudo apt-get install build-essential
$ sudo apt-get install git

 

git からcloneします。

$ mkdir unixbench
$ cd unixbench
$ git clone https://github.com/kdlucas/byte-unixbench.git .

 

Runでベンチマーク開始します!

$ cd UnixBench
$ ./Run

 

UnixBenchのベンチマーク結果

1回目はファンもヒートシンクも無しで実験しました。

2回目はヒートシンクを一応つけましたが、専用品ではないためCPUしか冷えてない微妙な状態です…。

(後日、専用品を買って再試験します)

 

2回目のファン&ヒートシンクですが3B+用のため

CPUの上に銅板を入れて、その上に乗せている暫定状態です。

 

1回目の試験結果(ファン無し)

1CPU:System Benchmarks Index Score 310.1

4CPU:System Benchmarks Index Score 817.1

*80度の温度警告が度々出ていました。

4 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables 10175481.1 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 2376.6 MWIPS (9.6 s, 7 samples)
Execl Throughput 875.7 lps (29.8 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 109817.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 31778.7 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 310707.6 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 137425.8 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 43389.1 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 1740.4 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 2373.1 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 718.4 lpm (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead 489055.5 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 10175481.1 871.9
Double-Precision Whetstone 55.0 2376.6 432.1
Execl Throughput 43.0 875.7 203.6
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 109817.5 277.3
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 31778.7 192.0
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 310707.6 535.7
Pipe Throughput 12440.0 137425.8 110.5
Pipe-based Context Switching 4000.0 43389.1 108.5
Process Creation 126.0 1740.4 138.1
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 2373.1 559.7
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 718.4 1197.3
System Call Overhead 15000.0 489055.5 326.0
========
System Benchmarks Index Score 310.1

------------------------------------------------------------------------
4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables 39644210.3 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 9187.2 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput 2603.1 lps (29.8 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 199685.4 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 59424.0 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 597067.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 503092.4 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 177635.9 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 4538.8 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 5651.0 lpm (60.1 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 784.0 lpm (60.2 s, 2 samples)
System Call Overhead 1842259.7 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 39644210.3 3397.1
Double-Precision Whetstone 55.0 9187.2 1670.4
Execl Throughput 43.0 2603.1 605.4
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 199685.4 504.3
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 59424.0 359.1
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 597067.5 1029.4
Pipe Throughput 12440.0 503092.4 404.4
Pipe-based Context Switching 4000.0 177635.9 444.1
Process Creation 126.0 4538.8 360.2
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 5651.0 1332.8
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 784.0 1306.7
System Call Overhead 15000.0 1842259.7 1228.2
========
System Benchmarks Index Score 817.1

 

2回目の試験結果(CPUファン有り)

1CPU:System Benchmarks Index Score 314.2

4CPU:System Benchmarks Index Score 833.0

*温度は72度前後で安定(?)していました。

4 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables 10178939.7 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 2381.2 MWIPS (9.6 s, 7 samples)
Execl Throughput 886.1 lps (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 110607.2 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 31683.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 312219.4 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 136525.4 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 45482.0 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 1822.9 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 2458.4 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 725.5 lpm (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead 490199.9 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 10178939.7 872.2
Double-Precision Whetstone 55.0 2381.2 432.9
Execl Throughput 43.0 886.1 206.1
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 110607.2 279.3
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 31683.5 191.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 312219.4 538.3
Pipe Throughput 12440.0 136525.4 109.7
Pipe-based Context Switching 4000.0 45482.0 113.7
Process Creation 126.0 1822.9 144.7
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 2458.4 579.8
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 725.5 1209.2
System Call Overhead 15000.0 490199.9 326.8
========
System Benchmarks Index Score 314.2

------------------------------------------------------------------------
4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables 40345047.3 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 9497.9 MWIPS (9.6 s, 7 samples)
Execl Throughput 2641.4 lps (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 212296.8 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 59851.7 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 602482.3 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 510183.7 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 188812.8 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 4561.6 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 5747.2 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 774.1 lpm (60.2 s, 2 samples)
System Call Overhead 1848891.1 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 40345047.3 3457.2
Double-Precision Whetstone 55.0 9497.9 1726.9
Execl Throughput 43.0 2641.4 614.3
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 212296.8 536.1
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 59851.7 361.6
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 602482.3 1038.8
Pipe Throughput 12440.0 510183.7 410.1
Pipe-based Context Switching 4000.0 188812.8 472.0
Process Creation 126.0 4561.6 362.0
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 5747.2 1355.5
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 774.1 1290.2
System Call Overhead 15000.0 1848891.1 1232.6
========
System Benchmarks Index Score 833.0

 

UnixBenchの結果比較(RaspberryPi4(ファン無し、ファン有り)、3B+)

RaspberryPi4 (ファン無し) 1.5GHz

1CPU:System Benchmarks Index Score 310.1

4CPU:System Benchmarks Index Score 817.1

RaspberryPi4 (ファン有り) 1.5GHz

1CPU:System Benchmarks Index Score 314.2

4CPU:System Benchmarks Index Score 833.0

 

固体差や動作環境によって数値は上下しますが、

今回の検証では

RaspberryPi4 (ファン無し) <  RaspberryPi4 (ファン有り)

という結果になりました。

 

が、非常に不満です…。

 

ネットを調べてみると1.4GHzのRaspberryPi 3B+のマルチスレッド(4CPU)で

900超えを出ている方もいるようです。。。

やはり冷却をしっかりと行えばスコアは伸びると思います。(思いたいです)

 

下記のサイトの方もベンチマークを比較していますが

3B+より非常にいい数字がでているんですよねぇ。。。

やっぱり冷却したとはいえ、70度超えですからねぇ。

 

マイニングでCPU性能を比較

一応、当ブログは暗号資産(仮想通貨)ネタを扱っているサイトなので

RaspberryPi4を使ってマイニングを行い性能をチェックします。

 

マイニングとは?

新たなブロックを生成して、ブロック生成の報酬として仮想通貨を手に入れることです。

このブロックの生成には膨大な計算が必要になり、この計算を行うことを「マイニング」(Mining)といいます。

要するにCPUを使って常時計算を続けて、仮想通貨を掘り当てる行為なので

より高い性能の方が多くのブロック生成に貢献できます。

(そのためCPU負荷率はほぼ100%で張り付き膨大なエネルギーと熱を発生させます…)

 

以前のRaspberryPi3B+まではDDR2メモリの速度が遅かったため

ボトルネックになっていたと推測されますが、

今回のRaspberryPi4からはDDR4となりメモリ自体も高速化されたため

大幅な高速化が予測され(私の中で)非常に話題になっています。

 

マイニング性能の検証条件

今回マイニングで性能を検証するにあたってBitcoinのような難易度の高い(非現実的)通貨ではなく

CPUでマイニングが可能BitZenyとKotoで検証します。

 

検証条件は上記のUnixBenchと同じです。

ファン無しとファン有りで実験しました。

 

マイニングの方法に関しては過去の記事と同じなので過去の記事をご参照ください。

BitZeny(RaspberryPi3B+)のマイニング方法

Koto(RaspberryPi3B+)のマイニング方法

【2019年版】Kotoをラズベリーパイでマイニングしてみた【Sapling Upgrade対応】

 

マイニング性能の結果

BitZenyのマイニング結果

RaspberryPi4(ファン無し):最大0.21KHash/S(80度以上の温度警告有りのため徐々に低下

RaspberryPi4(ファン有り):最大0.22KHash/S72~75度で安定。温度警告なしのため安定

 

Kotoのマイニング結果

RaspberryPi4(ファン無し):最大0.18KHash/S(80度以上の温度警告有りのため徐々に低下

RaspberryPi4(ファン有り):最大0.22KHash/S72~75度で安定。温度警告なしのため安定

 

 

ファンを付ければBitZeny、Koto共に0.22Khash/Sで安定しました。

 

RaspberryPi3B+でBitZenyをマイニングした際は0.07Khash/Sでしたので

DDR2からDDR4への進化と共にボトルネックが解消されたのでしょう。

 

しかしDDR3OrangePi3では

ヒートシンク、ファン無し:0.17~0.19KHash/s
ファン有り:0.21KHash/s

と、高スコアを出していたため

もう少し高い数値が出てもよかったのかもしれません。

Orange Pi 3(オレンジパイ3)でBitZeny(ビットゼニー)をマイニングする方法

 

 

RaspberryPi4になり、全体的にスコアの数値は伸びています。

が、もうちょっと伸びてもいいのでは?という気持ちもあります。

 

あくまでもベンチマークでの数値ですので4GBのメリットなどもあり

特にGUIではストレスも減ってきました。

 

ファンや専用電源をポチったので

届きましたら、検証を行い追記を行います。

RaspberryPi 4 を従来モデルと性能の比較&不具合情報(バグ)

 

RaspberryPi4 冷却の考察

今回は突貫でRaspberryPi3B/3B+用のヒートシンク&ファンを使いました。

raspberry pi4

LANとの干渉があり銅板をCPUの上に乗せてから使用しましたが

これだとファンは大型ヒートシンクに当たるためCPUは冷えますが、

基板にはファンの冷風は当たらないためCPU以外の部品の冷却にはなりません

 

何故こんな事を言い始めたかというと

中央の赤く囲った部分がCPUですが当然ここが1番発熱します。

しかし今回のRaspberry Pi4の発熱は紫色で囲った部分発熱します。

 

この紫色で囲った部分が少々厄介です。

なんせ部品が小さく、凹凸がありヒートシンクを載せると

中央の黒色の石の冷却が出来なくなります…。orz

 

黒い石のサイズのヒートシンクを載せればいいのかもしれませんが

小さすぎて効果が感じられるかどうか…。

 

そこで理想的な冷却を私なりに考えてみました。

・CPUには定番の小型ヒートシンクを載せて表面積を確保
・ケース上部からCPUと基板に向けてダブルファンで広い面に冷風をあてる。これなら紫色で囲った部分も冷却が可能になります。

 

難点はまだ理想的なファン付ケースが発売されていないことです…。

Raspberrypi財団公式のケースはそもそもファンを取付出来るようなデザインではないし

3b+までのケースだと電源やHDMI周りの形状が違うため取付出来ません。。。

こうなると3Dプリンターが余計に欲しくなりますね。。。

 

RaspberryPi4を1.5GHzから1.75GHzにオーバークロックして

ベンチマークテストをしてみました。

興味があれば ↓ ↓ の記事も読んでくださ~い。

Raspberry Pi 4を1.75GHzにオーバークロック(Over Clock)した結果

 

 

CREX24のKotoやZENZOの価格を表示してみた【RaspberryPi(ラズベリーパイ)】

 

OrangePi3(オレンジパイ3)でKotoをCPUマイニングする方法

 

RaspberryPi(ラズベリーパイ)にBitZeny(ZNY)/USDTの価格表示を追加!

 

【2019年版】Kotoをラズベリーパイでマイニングしてみた【Sapling Upgrade対応】

 

 

Gearbest APP

  • この記事を書いた人

いわ

弱小マイナー│家の頭金はFXで作った投機家│仮想通貨,株,FX│RaspberryPi,スマホ,ガジェット,レトロゲーム,ABARTHも好き│ALIS:http://alis.to/users/iwa │旧Blog:http://btclove.hatenablog.com/

おすすめ記事

-BitZeny, Koto, RaspberryPi
-, , , , , , ,

Translate »

Copyright© 暗号資産の楽しみ方 , 2019 All Rights Reserved.