ガジェット スマートフォン・タブレット

OnePlus 7 偏見に満ちた辛口レビュー(review)

投稿日:

OnePlus 7 辛口レビュー

OnePlus7を借りてみたので

ひさしぶりにOnePlus製品を触って恒例?の辛口レビューをします。

(最近スマホレビューブログになって来てますw)

 

OnePlus7の基本スペック

OnePlus7 端末情報

OS:Android9(Oxgen OS9.5.5.GM57AA)

CPU:snapdragon855 2.8GHz+1.7GHz(オクタコア)

RAM:6GB/8GB

Storage:128GB/256GB

サイズ:157.7 x 74.8 x 8.2mm(6.41インチ、19.5:9)

メインカメラ:48+5MP 2眼

 

今回お借りしたモデルはRAM、Storage共にハイスペックなモデルです。

前回レビューしたXperia1と同じCPUを持つためスペックは近いモノがあります。

au版 Xperia1 (SOV40) 偏見に満ちた辛口レビュー(review)

 

OPPOとは?

当ブログでは初登場なのでOPPOというメーカーを簡単に説明します。

小霸王学習機という名前のミコン互換機(偽物)を作っていた中国メーカーから

独立した際にVivoとOPPOの創業者が移籍した会社が歩歩高

歩歩高の傘下企業が現在のVivoやOPPO、OnePlusなどで

当初はOPPOの高級ブランドがOnePlusでした。

 

偽ファミコンを作っていたというと日本人は炎上しそうな響きが悪いですが

アップルも初期の頃はタダで電話をかけられる機械

作って売り捌いたという逸話もあるので

中国企業としては偽物メーカーから大きくなったという

一般的な成功例でしょうw(車やバイクメーカーではよく聞きますね)

 

サイズ感

6.4インチといえば個人的にはズルトラですが

OnePlus7は今どきの機種同様にベゼルレスなデザインのため

特に大きいとは感じないサイズ感で普段使いにGoodです!

OnePlus7 通知エリア

特に液晶上部のフロントカメラですが

iPhoneが採用した液晶の一部にフロントカメラをかぶせるタイプですが

カメラ1眼のみのためXiaomi Poco F1のように

通知エリアの中央半分以上を占有することもなく

しっかりと通知エリアも使えます

 

プラチナバンドの対応

OnePlusさんは同じ中華のXiaomiと違って積極的に日本のLTEにも対応しているメーカーです。

ソフトバンク系のプラチナバンドだけでなく

ドコモの4G 800MHz帯にあたるBAND19にも対応しているため

電波が届きにくいビル内でもしっかりと電波を拾ってくれます。

 

OnePlus7 ベンチマーク

Antutu37万前後

 

前回のXperia1より若干高い数値になりました。

OnePlus7もCPUが同じSD855なのでRAMが多少大きいとはいえ

ベンチマークの数値ではあまり差は出ないようです。

 

BitZeny CPUマイニングのスコア

当サイトの目玉ベンチマークの時間ですw

いつものようにBitZenyをCPUマイニングしてみました。

 

計測方法

今回もyespowerのみ計測しました。

 

計測結果

1.3khash/sくらいは出ていますw

Xperia1とほぼ同じスコアが出ています。

OnePlus7 ベンチマーク

 

 

OnePlus7総合評価(辛口レビュー)

 

〇 いい点

CPUは立派なモノを使っているため、サクサク動く(Xperia1と同様)

アスペクト比が一般的な比率なので違和感がない

フロントカメラが通知エリアをあまり邪魔していない

安い!!(Xperia1の半額くらい)

ドコモの4G band19(800MHz)に対応

 

× いまいちな点

イヤホンジャックが無い。(Bluetooth使いましょう)

カメラ性能は最新機種にしては性能抑え目

背面カメラが少し出っ張っている(カバーで誤魔化しましょうw)

 

どうしてもXperia1と比較してしまいますが

OnePlus7お値段半額で同じCPUなら十分選択肢に入りますね。

 

逆にSony好きやカメラ性能を重視する方には

Xperia1を選ぶべきでしょう。

 

Aliexpressほど安くはありませんがAmazonでも扱っているようです。

個人輸入が心配な方は多少割り増しになりますが

Amazonで買った方がいいかもしれません。

それでもXperia1よりは十分安いのでw

 

OnePlus7 Pro

またOnePlus7では画面サイズが小さいと感じたマニアな方には

OnePlus7 Proという手もあります。

 

こちらはサイズだけでなくRAMが12GBを選択できます!(高いけど)

6.67インチとひと回り大きい液晶となり

フロントカメラはポップアップ式となるため

通知エリアは邪魔なカメラが無いため、従来通りのAndroidの画面となります。

 

ProはOnePlus7の弱点を潰ぶしてきていますが、

ご想像の通りお値段がUPしてしまいます…。

 

端末選びはコスト、性能、サイズなどドコを重視するかによりますねw

 

au版 Xperia1 (SOV40) 偏見に満ちた辛口レビュー(review)

 

Gearbest APP

おすすめ記事

-ガジェット, スマートフォン・タブレット
-, , , , , ,

Translate »

Copyright© 暗号資産の楽しみ方 , 2019 All Rights Reserved.