パソコン

平成の歴史はWindowsの歴史!

更新日:

 

いわ
新元号が「令和」になったようです
元号なんてどうせ使わないけど
iwa

いわ
お役所に提出する書類くらいですね[/st-kaiwa3]

Twitterで楽しんだのでもう十分かな
くろ

 

さて今日は私が触ってきたWindowsを紹介します。

いつもの通り私の偏見が入っていますのでご了承下さい。

 

Windows3.1

Windows3.1

1992年リリースのWindows3.1。(平成4年)

私は国民機のPC-98(マルチ)で始めてWindowsを触った。

CDを流しながら一太郎で文章をかけるという

疑似マルチタスク、GUIが便利過ぎて感動した

記憶があります。

 

HDD容量が60MBもあり「何本ゲームをインストール出来るんだ!」

という今では考えられない会話もあったw

しかし実態はHDDよりFDDが2つあった方が利便性は良かった時代。

(AドライブとBドライブあればコピーも楽々~)

 

Windows95

Windows95

1995年リリースのWindows95。(平成7年)

若い人でも社会現象になったと聞いたことも

あるかもしれませんが、Win95以前にはあり得なかった

パソコンの雑誌コンビニに置かれるようになりましたw

TCP/IPが標準装備になったことが

個人的には一番嬉しかった。

 

世間的には本体メーカーが違っても

ソフトの互換性が持てたことが

爆発的Hitにつながったようです。

(それ以前はPC-98版やFMタウンズ版、X68000版などのソフトがあった)

Windows98

Windows98

1998年リリースのWindows98。(平成10年)

95よりちょっとだけデザインをよくした!

だけの印象しかない。

 

Windows CE

WindowsCE

1998年(平成10年)発売のDreamCastにWindowsCE(改)が使用された

ゲーム機に使われたためOSとしての評価は出来ないが

Windowsマークが書いてあるだけで

ワクワクした記憶があるw

 

Windows98 Second Edition

Windows98 SE

1999年にリリースされたWindows98 Second Edition。(平成10年)

待望のUSBドライバが標準装備となり

USBマウス程度でもドライバをインストールするという

面倒な作業が簡略化されたことが最高に幸せだったw

とはいえCD-Rが流行り出した時代、

データ転送はUSBよりSCSIが主流だった。

 

WindowsMe

WindowsMe

2000年にリリースされたWindows Me。(平成12年)

最後のWindows 9x系のため無駄機能が満載で重たく

ブルースクリーンが頻繁に出た印象がある。

 

Windows NT 3.5/4.0

WindowsNT

NT3.5は1994年、NT4.0は1996年にリリースされたが

触ったのは就職してからなので結構あと。

かなり安定稼働していた。

無駄機能もあまりないような印象だけど

触ってたPCは英文表記だったので使いにくかったw

 

Windows2000

Windows2000

2000年にリリースされたWindows 2000。(平成12年)

Meが残念仕様だったのでWin2000にすぐに移行。

安定性が重視される界隈では重宝される。

私も長く使ったOS。

 

WindowsXP

WindowsXP

2001年にリリースされたWindows XP。(平成13年)

世間的には2000より高評価らしい。

個人的には2000をカッコよくした感じだが

無駄機能の排除も出来るため優秀。

 

Windows Vista

Windowsvista

2007年に発売されたWindows Vista。(平成19年)

近年稀にみる残念なOSと評価が多いOSですが

そんなに酷くないですよw

ただ動作が重たすぎるだけですwww

ブルースクリーン連発のMeに比べれば…

 

まだ不要なアプリを大量にインストールして販売していた

国内PCメーカーが多かったので

余計に評判が悪くなった印象もあります。

 

Windows7

2009年に発売されたWindows 7。(平成21年)

世界的な不景気の真っただ中で発売されたわりには

ヒット商品になったOS。

マイクロソフトが無理やりサポート切らなきゃ、

まだまだ使えたかも。

64bit版を普及させた功績もある。

(Pro版のXPモードは神!)

 

Windows8/8.1

Windows 8は2012年(平成24年)、Windows 8.1は2013年(平成25年)にリリース。

個人的にはSSDの普及とWin8以降の起動速度の向上により

革新的だと思ったOS。

ただしスタートボタンが無くなって世間様から大ブーイングwww

(私はフリーソフトでスタートボタンを追加しました)

 

Windows10

Windows 10は2015年(平成27年)にリリース。

Windows7や8から無償アップグレード出来るたため

無駄にアップグレードしたら意外と普通に使える子だったw

最大の特徴はスタートボタンが復活したことでしょう。

ドライバ関連で初期の頃は苦労したけど

今となっては安定動作しているのでOK。

 

当然ですが、XP時代のソフトは起動しないため

現在奮闘中www

Gearbest APP

おすすめ記事

-パソコン

Translate »

Copyright© 暗号資産の楽しみ方 , 2019 All Rights Reserved.