ガジェット スマートフォン・タブレット

使わなくなったタブレットをサブモニタにする方法

更新日:

サブモニタ

もはや定番になってきたタブレットサブモニタ化

やってみたいわです。

 

用意するモノ

Windowsパソコン

タブレット(android)

USBケーブル(データ通信出来るヤツ)

TwomonUSB(有料Androidアプリ)

TwomonPCソフト(無料)

 

私はAndroid版を買いましたがiOS版もあります。

PC側のソフトもWindows版とMac版があります。

 

ちなみにAndroid版は980円でした。

普段なら有料アプリは買わないんですけど

Googleアンケートモニターで貯めたポイントがあったので

ポイントでお支払いしましたw

(コレ単価が高いので案外貯まりますよ)

 

USBではなくWi-Fi版もあります

私はUSB版しか使っていませんが、

ネットで調べてみると

どちらも一長一短があります。

 

USB版のメリット

  • 遅延が少ない。(Wi-Fi版は遅延するようです)

 

USB版のデメリット

  • USB給電も兼ねていると充電が追い付かない(機種にもよるけど)
  • 環境によってUSB接続が切れる

我が家の環境ではノートPCでは問題なかったんですが、

デスクトップでブチブチ接続が切れました…。

 

Wi-Fi版のメリット

・配線が少なく美しい ・充電しながら使える

 

Wi-Fi版のデメリット

遅延がある

 

接続方法

とても簡単ですw

PC側の無料ソフトを事前にインストールしておきます。

 

途中でファイアウォールについて聞かれるので

プライベートにチェックを入れておきました。

 

タブレットに有料ソフトを勇気を出して課金します。

 

あとはUSBケーブルで接続するだけです。

 

当然データ転送できるUSBケーブルが必要となります。

あとは勝手につないでくれます。

 

つながるとPC側のソフトに接続したタブレット名などが表示されます。

 

このタブレットは安くて有名Teclast

Windows&Androidがマルチブートできる変態タブレットですw

(これもマイニングしてたら液晶膨らんでるんですけどねw)

 

サブモニタの用途とメリット

ガジェットを買うのはいいけど無駄遣いと言われないよう

最近は用途を考えてポチるようにしていますw

 

ノートPCなど画面が小さいPCには

10インチクラスのサブモニタは結構便利です。

 

メイン画面で作業しながら、

サブモニタでチャート表示させるとか出来ます。

 

画面表示だけなので、CPUとかあまり気にしなくても良さそうです。

古いタブレットでも十分使えますね。

 

しかもタッチパネルも有効になるので

画面を大きくしたり

×ボタンをタップしたりすることも出来ます。

これは盲点でしたが、便利です。

 

サブモニタのデメリット

タブレット単体では自立しません

元々タブレットなのでケースやスタンドを使って

立たせるしかありません。

 

USB端子の接続場所によっては

ケーブルの取り回しも気を使うので、

結構面倒です。。。

 

総評

予想していたより、かなりイイです。

 

ただし接続の問題がありました。

デバイスマネージャーから

USBルートハブの「電源の管理」にある

「電力の節約のために、コンピューターで

このデバイスの電源をオフに出来るようにする」

USBルートハブの「電源の管理」

チェックを外したり、

 

電源オプションから

「USBのセレクティブ サスペンドの設定」

電源オプション USBのセレクティブ サスペンドの設定

を「無効」に変更すると改善するようです

 

それでもダメなPCもありました。。。

まぁ相性もあるので、

そこは割り切りましょうw

 

Gearbest APP

おすすめ記事

-ガジェット, スマートフォン・タブレット
-, , , , ,

Translate »

Copyright© 暗号資産の楽しみ方 , 2019 All Rights Reserved.