OrangePi3が発売されていたので仕様をチェックしてみた

最終更新日

Comments: 0

シングルボードコンピュータと言えばラズパイが有名ですが

オレンジパイという変態コンピューターを以前衝動買いしたいわです。

 OrangePiとは? 

ラズベリーパイと同様にシングルボードコンピュータです。

ラズパイブームに乗った中華な企業が作った基板剥き出しのパソコンのようなモノです。

特徴としては、

安い!速い!変態!!

と、非常にコスパが優れていることでしょう。

 

同等スペックの中では十分な性能がありましたが

私が2年くらい前に買ったPC2は既に旧世代の化石です。。。

今ではラズパイ3b+も出てCPUも負けています。。。

 

ただしあのヤバいレイアウトはレジェンド級ですねw

この画像はOrangePi PC2ですが、見て下さい!この石の配置!!

OrangePiを設計した人も上司もよく認可しましたよねぇ~w

(残念ながらOrangePi 3は普通のレイアウトになってました…)

 

 OrangePi3の仕様と同等品の比較 

OrangePi3とRaspberryPi3b+、OrangePi PC2を比較してみました。

名称 OrangePi 3 RaspberryPi3B+ OrangePi PC2
CPU Allwinner H6 ?? Allwinner H5
アーキテクチャ ARMv8 ARMv8 ARMv8
クロック 1800MHz 1400MHz 1008MHz
コア数 4コア 4コア 4コア
Memory&Storage 1GB LPDDR3 (shared with GPU)+EMMC(Default Empty) 1GB LPDDR2 SDRAM 1GB DDR3 (shared with GPU)
2GB LPDDR3(shared with GPU)+EMMC(Default Empty) TF card (Max. 32GB) TF card / NOR flash(2MB)
1GB LPDDR3 (shared with GPU)+8GB EMMC Flash
2GB LPDDR3(shared with GPU)+8GB EMMC Flash
WIFI+BT AP6256, IEEE 802.11 a/b/g/n/ac, BT5.0 IEEE 802.11 b/g/n/ac, BT4.2
Onboard Network 10/100M/1000M 10/100M/1000M 1000M/100M
Power Source DC input,MicroUSB (OTG) MicroUSB (OTG) DC inputのみ(USB給電不可)
USB 2.0 Ports 1*USB 2.0 Host, 1*USB OTG 2.0 4*USB2.0 Three USB 2.0 HOST, one USB 2.0 OTG
USB 3.0 Ports 4*USB 3.0 Host
Product size 90mm*64mm 85mm*56mm 85mm*55mm
Weight 75g 45g 70g

OrangePi3の特長は

CPUのクロック周波数が1.8GHzにUPしています!

メモリは2GBのモデルあります。

ギガbitイーサやac対応Wi-Fiもついてます。(技適は・・・)

USB3.0にも対応しています。

sambaなどでファイルサーバ作るにはピッタリですね。

 

流行りのeMMCも搭載しているモデルがあります。

ラズベリーパイは昔からSD(microSD)でブートしていますが安物SDを使うと

書き込み回数でのエラーが発生します。。。

eMMCの方がエラーが起きにくいらしいです。(ラズパイはUSBブート対応しましたけど)

iPhoneのように価格差も大きくないのでeMMC付きの方がいいかもしれません。

 

 RaspberryPiの欠点を克服してる? 

界隈で一番普及しているのはラズベリーパイでしょう。

これは紛れもない事実です。

が、やっぱり欠点もあります。

 

他の同スペック器と比較すると「遅い」んです。。。

何故かなぁ~って不思議に思っていたんですが

1つはメモリではないかな?って思います。

 

ラズベリーパイのメモリは「1GB LPDDR2 SDRAM」となっています。

一方OrangePiでは「1GB DDR3 (shared with GPU)」となっています。

 

DDR2よりDDR3の方が速いです!

 

え?普通はそんなに速度に違いが出ない??

まぁファイルサーバ程度でしたらね。

私の場合はもちろんCPUマイニングに使うから

メモリの速度も重要なんですよwww(たぶん)

噂のnano Pi neo2DDR3らしいので

確証はないですが、ラズパイはDDR2が足をひっぱってる説

ちょっと信ぴょう性ありますよね。

 OrangePi3のデメリットは? 

PC2を買ったときの偏った印象ですがOrangePiのデメリットを紹介します

OSが安定しない

やっぱり安定しないこともありました。。。

初期のセットアップもラズパイと比べると手間取ります。。。

OS面での不安はあります。

 

逆にラズベリーパイは日本語にも対応してセットアップも初期の頃に比べると

とても進化して非常に楽チンになっています。

 

まぁUbuntuが公式でリリースされているようなので

マイニング専用機としては最低限動かすくらいなら

イケるんじゃないでしょうか…(弱気ですけど。。。)

 

電源問題

ラズベリーパイも2.5AクラスのUSB電源が必要になるほど

消費電力が大きくなってきましたが

OrangePiはACアダプタ等で使われる端子になっています。

これではラズパイ等で使っているUSB電源が流用できません。。。

専用品を買うことになり余計なコストがかかります。orz

 

しかし今回のOrangePi3では

Power Source

DC input,MicroUSB (OTG)

とあるので、USB給電が出来そうです。

これはちょっと期待できます!

(ラズパイも一時期USB給電ではフルパワー出ないとかって話もあったけど。。。)

 買うの? 

今回の新作は基板レイアウトも普通になってしまいました。

が、それ以上に進化があってオモシロそうです。

 

ただ購入先が定番のAliexpressです。

この季節は中国の正月に突入します。

セラーもチャイナポストも税関もみんな大陸を大移動する季節になります。

2月上旬は中国は休業ですよぉ~。

日本の社畜精神をわけてあげたいくらい長期休暇をしっかり取るんです。。。

 

あ~。いつ届くかわかんねぇ~~~~。orz

それどころか、ちゃんと届く確率も減る季節じゃんwww

 

 

で、色々とじっくり、

私なりに考えた末に

ポチっとやってみましたw

 

届いたら、また記事書きますね。

届いたら!!

 

いわ

弱小マイナー(CPUマイニング、GPUマイニング)│家の頭金はFXで作った投機家│仮想通貨,株,FX│RaspberryPi,スマホ,ガジェット,レトロゲーム,バイク(aprilia RS250),車(ABARTH 500C)も好き│ ALIS:http://alis.to/users/iwa│旧ブログ:http://btclove.hatenablog.com/│

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)