温調機能付きハンダごてとオルファ ホビー細工のこ

最終更新日

Comments: 0

ノリでAmazonさんの欲しいモノリストを公開していたら

どなたか BitZeny神社さんにポチって頂きました!ありがとうございます。

嬉しくて早速つかってみたいわです。

 頂いたモノの紹介 

TwitterをみていたらAmazonさんの欲しいモノリスト

公開している方が何名かいたので私も試しに公開してみたところ

ポチって頂きました。

 

ポチった方がどなたかわかりませんので

 BitZeny神社さん、この場を借りてお礼を言わせて下さい。

ありがとうございます!

 

 オルファ ホビー細工のこ 

OLFAと言ったらカッター業界では有名ですね。

国内で知らない人は居ないくらい有名な1流ブランド品です。

樹脂製品をガリガリと削る際に欲しいなぁ~。って

以前から思っていた商品です。

 

薄いプラ板はPカッター、厚みがあるときは細工のこ(167B)

使い分けるといいようです。

 

 温調機能付きハンダごて 

こちらはZACROというメーカ(?)の書かれた半田こてセットです

中華な商品ですが、

温度調節機能がついています!

こて先もいっぱいついています!

半田も半田吸い取り器もついてきます!

充実したセットですw

 

時代は鉛フリーはんだになり、以前の共晶はんだ用のこてでは

私のような素人には厳しくなってきました。。。

なんせ私の自家用半田コテは20年物なのでw

 

それでは早速使ってみます。

 DreamCastの電池交換 

今回のターゲットは年末に買ったドリキャスです。

この電池を交換します。

ドリキャスも発売されてから20年経っています。

しかもこの金属フレームのファンは初期型です。

 

いつの間にかレトロゲームの仲間入りしていましたw

とっくに電池は終わってます…。

まずは分解ですね。

ケースを剥がすと手前に電池が見えます。

4つのねじを外してこの基板を取り出します。

電池は足3本でとまっています。

電池のある表側に少し隙間があるのでマイナスドライバーを

軽く差し込みながら、裏面の3か所のはんだを溶かしていけば

簡単にはずれます。

今回のはんだごて、十分熱も伝わったので

簡単にはずれました。

あとは普通に取り付けるだけです。

は~い。完成で~す。

実作業は30分かかっていません。

最近のゲーム機のように小さな部品ばかりではないので

この時代のゲーム機までははんだも簡単ですねw

 

ちなみにドリキャス本体用電池は

充電出来るML2032です。

使い捨てのCR2032では壊れるのでNGです。

最悪電池が破裂して火災の危険性も…。

 

あと純正電池についているホルダーは

電池に直に半田付けされていますがリサイクルなんて考えずに

汎用のホルダーを買いましょう。

電池に直接はんだ付けって結構危ないんですよぉ・・・

 

まぁ今どきドリキャスで遊ぶ人も少ないと思いますけどw

 

 予想以上に使える! 

というわけで無事にドリキャスの電池交換も完了しました

いつか交換しようと思って

電池とホルダーを買っておいて良かったですw

 

OLFAのノコはブランド品なので

急いで使えるかチェックする必要はないと思います。

が、半田ごては中華なので心配な面もありました。

が、使えます!十分使えます!

むしろ便利ですw

 

白光やGOOTと同等というと怒られるかもしれませんが

ZACROというメーカーも素人がDIYで使うレベルであれば

十分過ぎると思います。

(こて先は白光に似てる気がするしw)

 

というわけで、夜中にニヤニヤしながら

はんだで遊んでしましたw

 

ポチって頂いたBitZeny神社さん本当にありがとうございます。

BitZeny神社|埼玉県蓮田市 仮想通過BitZeny

 

いわ

弱小マイナー(CPUマイニング、GPUマイニング)│家の頭金はFXで作った投機家│仮想通貨,株,FX│RaspberryPi,スマホ,ガジェット,レトロゲーム,バイク(aprilia RS250),車(ABARTH 500C)も好き│ ALIS:http://alis.to/users/iwa│旧ブログ:http://btclove.hatenablog.com/│

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)