意外と簡単!ZENZOのマスターノードを追加する方法

最終更新日

Comments: 0

念願のマスターノードを追加したいわです。

1台目のマスターノードを建ててから数か月経ちましたが

マスターノード報酬とジャンピングキャッチしたZNZで1.5万ZNZが

貯まったので2台目のマスターノードにチャレンジしました。

 

 マスターノードのインストール 

基本的には公式のZENZO Masternode セットアップガイドに従ってやればOKです。

Discordの[ZENZO]-[ja-japanese]にピン留めされています。

(2019/1/10現在V,3.2)

 

セットアップガイドの最初はVPSの契約方法などになるため

今回は飛ばします。

TeratermでVPSにログインしたら

追加の場合は最終ページに書いてある

・マスターノードを追加インストールしたい

に書いてあるコマンドを実行します。

cd /root/ZENZO-Core && git pull && ./masternode_install.sh -p zenzo c 3 g x

後半の c 3 g x ですが、

うちの環境ではコピペするとが表示されなかったので

ここは手動で追記しました。

 

-C 3は合計3台のマスターノードを作るためのコマンドです。

私のように既に1台インストールしてある状態で、

追加でもう1台インストールする場合は -c 2となります。

(将来を見越して-c 3でインストールしても問題は無いようですが)

 

 15,000ZNZを送金する 

前回もてこずった15,000ZNZの送金を自分自身に送金し直します。

今回は別の問題が発生しました。

Transaction too large

わかりますか?

Transaction too large」とErrorが表示されています。

コレはBitZenyでもあった「取引が大き過ぎます」という

UTXOのアレ↓ですね。

BitZenyウォレットから送金時に「取引が大き過ぎます」とエラーが出た時の対処方法

対処方法は

コインコントロール機能を有効化する必要があります。

ウォレットの[設定]-[オプション]の中の

 

[ウォレット]-[コインコントロール機能]を有効化]があるので

チェックを入れます。

[送金]-[コントロールを開く]をクリックします。

↓大量に小分けされたUTXOが表示されます。。。

ここからが大変なんですが、右側に□が並んでいます。

ひたすらクリックしてチェックします!

この画像では選択数が668バイト数は98942となっています。

選択数が多くなるので、[全てチェック/チェックを外す]を押して

一度全てチェックを入れてから、

ポチポチと減らしていった方がいいかもしれません。

選択数が668、という非常に面倒な作業ですけど…

BitcoinやBitZenyでも同様の作業は必要です。。。

 

バイト数は98942で実行しましたが、

10万以下であれば送金できるみたいです。

(一度11万くらいでテストしてみましたがエラーが出ました)

 

この作業を行って最終的に1.5万ZNZを

自分自身のアドレスに送金すれば完了です。

アンロックしたままだと時間が経つとステークし始めて

バラバラになるようなので、一旦ロックはしておきましょう。

(南京錠のマークが↑になっていればロックしています)

 設定ファイルを編集 

今回のメインイベントです。

ウォレットの[ツール]-[マスターノードの設定ファイルを開く]

をクリックするとテキストファイルが開きます。

このテキストファイルに2台目マスターノードの情報を書き込みます。

 

書き方は1台目と同じです。

まずは書き込む内容を調べます。

Teraterm で以下のコマンドを実行します

cat /tmp/zenzo_masternode.conf

と入力すると↓のような文字列が表示されます。

zenzoMN1 [文字列 ]:26210 8~~~~~ COLLATERAL_TX_FOR_zenzoMN1 OUTPUT_NO_FOR_zenzoMN1

zenzoMN1 :名前(1台目のマスターノード)

[文字列]:IPアドレス

8~~~~:マスターノード制御キー

 

ウォレットの[ツール]-[デバックコンソール]で

以下のコマンドを実行します

masternode outputs

[txhash]、[outputidx]

この2つをメモします。

(2台のMNなら2回表示するので全部コピペしておきましょう)

 

マスターノードの設定ファイル

# Example~~~と同じ書き方で先ほどまで確認した文字列を記入します。

名前 [IPアドレス]:26210 マスターノード制御キー txhash outputidx

2台目でしたらこれが2行書いた状態にして保存します。

注意点は稼働していた1台目のマスターノードの設定も

書換えが必要になるかもしれません。

私が最初に失敗したときの画像です。

アドレスの部分、IPアドレスがMN1とMN2で違っています。

 

2台目だけ設定を書き込んで安心してしまったんですが

翌朝みると当然ですがエラーになっていました。。。

2台目だけでなく、1台目の設定も確認しましょ~。

 

 マスターノード起動! 

設定ファイルを反映させるため

一度ウォレットを再起動します

これは普通に終了して、再度立ち上げるだけです。

少し待てば更新も終わります。

ウォレットのロックを解除します

そのとき[Staking only]チェックを入れない状態で

ロックを解除します。

(南京錠が外れた状態になります)

全てスタートします

最後にマスターノードの画面から[全てスタート]を

クリックすれば開始されます。

動作確認

いまいち成功しているのか、わかりにくいです。。。

マスターノードタブのステータスがENABLEDになっているけど

1回目は実際に数時間経つとエラーになっていました。

(設定ミスがあったんですけどw)

 

Teraterm で以下のコマンドを実行してみましょう

zenzo-cli -conf=/etc/masternodes/zenzo_n1.conf -datadir=/var/lib/masternodes/zenzo1 masternode status

成功すれば↓のように

Successfuly Started

開始に成功したと表示されるはずです。

 

まぁ一晩待って

マスターノード報酬が届くのを確認したときが

1番安心できるんですけどねw

 

これでマスターノードの追加方法も覚えたので

モリモリ増やしていきたいなぁ~。

 

 

いわ

弱小マイナー(CPUマイニング、GPUマイニング)│家の頭金はFXで作った投機家│仮想通貨,株,FX│RaspberryPi,スマホ,ガジェット,レトロゲーム,バイク(aprilia RS250),車(ABARTH 500C)も好き│ ALIS:http://alis.to/users/iwa│旧ブログ:http://btclove.hatenablog.com/│

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)