BitZenyウォレットから送金時に「取引が大き過ぎます」とエラーが出た時の対処方法

最終更新日

Comments: 2

年末にBitZeny支払いでルンバを買ったいわです。

 

<< 追記 >>

1点コメントにて教えて頂いたことがあるので、

本文の前ですが追記します。

下記の本文中に1000個の「データ」や1つの「塊」という

表現がありますが、これは素人の私が勝手に使った表現です。

ただしくは「UTXO」と表現が正しいです。

nao20010128nao さん、ご指摘ありがとうございます。

 

 

さて今日はBitZenyの送金時のエラーについて書きます。

 コトの発端は 

上でも書いたようにルンバを買いましたw

もう6年近く平日は毎日使ってたルンバですが電池交換もしたりして愛用していますが

絨毯を登らなくなってきたので、そろそろ買い替えかなぁ。なんて思っていました。

そんなある日、Twitterをみていたら

Marimoxさんがルンバを売りに出していました!
1年で10回程度なんて我が家にしてみれば新品同然です。
しかもウチのルンバよりかなり新しいのに
格安&BitZeny払い!!
というわけで、速攻でリプを入れて買いましたw

 

仮想通貨決済が気軽に出来るっていいですねぇ。

BTCなんかは送金手数料高すぎて残念な子になってしまいましたが

BitZenyくらいなら手数料気にならないし、休日も関係ないですからねぇ。

 

 

送金時に「取引が大き過ぎます」というエラー

ルンバ到着後の送金でOKとのことでしたので、

のんびりと待とうと思っていましたが翌日ルンバが届きました。

(Marimoxさんすぐに送って頂きありがとうございます。)

チビたちが「ルンバ、キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!」と叫んでいる中で

BitzenyをPCウォレットから送金しようとすると

怒られました。。。

取引が大き過ぎますと怒られました・・・。orz

 

2万ZNYなので、たしかに取引としては大きいかもしれませんが

以前に、5万ZNYくらい取引所(pia)→PCウォレット→取引所(bridge)へ

送金したこともあるので不思議でしたが

送金しないわけにはいかないので、色々試してみました。

 手数料を増やして送金 

Bitcoinやイーサは手数料増やせば送金詰まりしてても

優先して送金してくれるという1年前の経験から

トランザクション手数料「推奨」から「カスタム」に変更して

1キロバイトあたりの手数料も最終的には1ZNYまで

増やしてみましたが駄目でした。。。

 分割して送金 

次に試したのは1万ZNYづつを2回にわけて送金しました。

(トランザクション手数料は推奨に戻しました)

これで問題なく送金ができました

(私の場合は1万ZNYでしたが人によって額は違うかもしれません。)

取引が大き過ぎます」と出る正体は?

Bitcoinでも同様のエラーがでるようです

これはあえて出るようにコードを実装したようです。

(エラーというか警告表示ですね。ソフトは正常に動作していますし)

 

取引が大き過ぎます」と出る原因は?

謎だったので、Twitterで聞いてみました。

要点をまとめると

  • 1回の送金で送れるデータ量は決まっている

  • ウォレットに入ってきたときのまま、小分けに保持している

  • 小分けのまま多くの量を送金するとデータ量が大きくなりエラーが出る

 

ようするに私のようにマイニング報酬の受取先として

使っていると毎回少額のZNYが貯まります。

少額だからと言ってデータ量も比例して小さいわけではなく

たとえ0.00000001ZNYだとしても一定のデータ量が発生します。

(一定量のデータの一部として。たぶんWindowsのデフラグ画面のようなイメージですね)

 

そんな少額のZNYを大きな塊として送金するとデータ量が膨大になり

今回の「取引が大き過ぎます」というエラーが発生します。

 

イメージとしては

0.01ZNYのバラバラのデータが大量にあったときに

その大量のデータの中から合計10ZNYを送信するときは

1000個のデータが必要になります。

10ZNYのまとまった1つのデータと比較すると

0.01ZNYが1000個の方がデータ量が多くなり

今回のエラーが発生する原因となるようです。

 対策方法は? 

  1. 少額に分割して送金

  2. 自分のアドレスに送金

①は私が何もわからないまま本能的にとった行動ですw

 

②はバラバラのデータを1つの塊にまとめておく方法です。

ただし私の場合もそうでしたが自分のアドレスに

送金する場合でも「取引が大き過ぎます」というエラーが発生します。

 

コインコントロール機能有効にすると

送信画面でどのデータを送金に使用するか選択できるようになります。

そこでポチポチ(面倒ですけど)選択して

自分のアドレスに送金しておいた方がいいかもしれません。

 

ただし送金するためトランザクション手数料は発生します。

 

自分のアドレスに送金する方法

何も考えずにやっても大きな塊を選択されるかもしれませんので、

上記のインコントロール機能を使って送金します。

コインコントロール機能をONする方法

[設定]-[オプション]を開きます

[エクスポート]の中の[コインコントロール機能を有効化する][レ]します。

[送金]画面に移ると「コインコントロール機能」が表示されます。

[入力]をクリックします。

6ZNYや8ZNYの入金がズラ~っと並んでいます。

 

ツリーモードを選択してみると 914個も並んでいるようですw

これを1つづつポチポチやっていきますw

 

試しに10個選択してみると、バイト数が1558でした。

全て選択するとデータ量(バイト数)が膨大になるのでコツコツとチェックします。

676個選択した状態です…。

総額は9802.71…ZNY、100126バイトとなりました。

10万バイトを少し超えてしましたが、[OK]を押してでやってみます。

送金画面に戻りました。数量、バイト、総額も変わっていません。

送り先に自分のアドレスを入力(コピペ)して[送金]をクリックします。

エラーも出ずに問題なく送金出来ました。

 

最後にコインコントロール機能の[入力]から確認をしてみます。

9802.71ZNYが1つの塊になっています。

他にも2回同じように送金して4つの塊にしてみました。

1つは6.5万ZNYの塊のままです。(たぶんジャンピングキャッチした時のヤツですw)

 

数量:4バイト:670総額8.2万ZNYとなっているので成功ですね。

これでウォレットの中身をすべて送金しても

取引が大き過ぎます」のエラーが出ないはずです。

 

めでたし、めでたしw

 

 

KOTOでも同様のエラー

 

ZENZOでも同様のエラー

こちらは英文で[Transaction too large]と表示されました。

翻訳すると[トランザクションが大きすぎます]と言っているので

同様のエラーです。

 

ZENZOはマイニングではなくPoSですが、

報酬が大量にあればマイニングと同じように

小さなUTXOが大量に作られるみたいです。

コインコントロールを開いてみると想像通りバラバラでしたw

コインコントロールの表示方法は

]設定]-[オプション]-[ウォレット]-[コインコントロール機能を有効化]に

チェックを入れると送金タブに表示されます。

 

Bellcoinでも同様のエラー

BitZenyでも活躍されている桔梗さんの作ったBellcoinでも

同様のエラー(警告)が出るようです。

(↓はeru(える)さんのtweetです)

私もCPUマイニングしているので、いっぱい送ると出るかも。。。

まだそんなに貯まってないけど…。

 

 

 

 PRさせて下さい 

Bellcoinつながりで、ちょっとだけPRさせて下さい

↓の玲音さんのtweetに私も賛同して僅かながら協力させて頂きました。

 

桔梗さん国産仮想通貨の発展に大きく貢献している方です。

この界隈にいると目先の利益をつい追ってしまいますが

下記の支援は桔梗さんに今後も楽しく活躍して貰うためにも

必要不可欠な投資です!(投機ではない)

 

ご賛同いただける方は是非polcaお願いします!

 

 

いわ

弱小マイナー(CPUマイニング、GPUマイニング)│家の頭金はFXで作った投機家│仮想通貨,株,FX│RaspberryPi,スマホ,ガジェット,レトロゲーム,バイク(aprilia RS250),車(ABARTH 500C)も好き│ ALIS:http://alis.to/users/iwa│旧ブログ:http://btclove.hatenablog.com/│

シェアする

2件のコメント

  1. (どうでもいいけど備考)
    > 1000個のデータが必要になります。
    の”データ”や、
    > 9802.71ZNYが1つの塊になっています。
    の”塊”は、それぞれ同じもので、UTXOと呼ばれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)